消滅時効の流れ

たとえば消費者金融からお金を借り、最後に返済した日から5年以上1円も返済しなかった場合、消滅時効の援用をすることで、借金の返済義務から免れることができます。
この消滅時効の援用手続きは、内容証明郵便を使えば誰でも可能ですが、時効援用の可否調査など専門家でなければ対応できない要素もありますので、弁護士や司法書士などの専門家へ一任する方が安心で確実です。

 

ここでは、法律事務所や司法書士事務所における消滅時効の援用の流れを簡単に紹介しますので、参考にしてください。
※なお、消費者金融から借金をして、時効の援用を考えている場合には、債権者からの問い合わせ、打診、連絡などにはいっさい答えず、すみやかに弁護士や司法書士、行政書士などへ相談することが賢明です。

 

 

【消滅時効援用の流れ】
@消滅時効援用可否の確認
最初に、依頼人が消費者金融へ最後に返済した日から5年(10年の場合もある)を本当に過ぎているのかを確認し、債権者(消費者金融)に対して時効の中断事由(裁判上の請求など)の有無を調べます。

 

借金解決

 

A消滅時効援用通知書の作成
依頼人が消滅時効の援用を依頼したら、債権者に対して時効の援用意思を通知する書面作成を依頼人に代わって行い、内容証明郵便にて債権者側へ送付します。

 

B消滅時効の成立確認
内容証明郵便送付後に、債権者に対して消滅時効の成立について係争の意思を確認し、係争意思がないのであれば時効は成立となります。もしも、債権者が消滅時効に対して係争の意思を示した場合には、引き続き依頼人に代わって債権者との交渉を継続します。

 

C訴えられた場合の対応
消滅時効が成立している場合でも、債権者は債務の承認をさせるために裁判上の請求をしてくるケースがあります。
そこで、弁護士もしくは司法書士が被告代理人になり、裁判上で消滅時効の援用を行います。

 

※弁護士と司法書士のちがいについて
裁判外の代理権=弁護士には制限はありませんが、司法書士の場合は140万円以下になります。
裁判上の代理権=弁護士には制限はありませんが、司法書士の場合は簡易裁判所に限られます。