借金から逃げ隠れする日々が終わる

昔の借金,時効

 

たとえば、消費者金融からの借金が5年を過ぎ、“時効の中断事由”などがなくて借金の消滅時効援用によって時効が成功すると、それまでの借金はなかったことになって返済義務がなくなります。これが借金の消滅時効のメリットです。

 

アコムやアイフル、プロミスなどの消費者金融をはじめ、VISAやJCBなどのカードローンを利用し、返済していない借金があったとしても、時効の援用を使うことで借金から逃げ隠れすることのない新しい生活を始めることができるようになります。

 

実際に、消滅時効の援用で借金の返済義務から解放された人は、以下のように話しています。
「消費者金融からの請求や連絡が完全に無くなった」
「逃げ隠れしていた恐怖から解放され、気持ちが落ち着いた」
「逃げ続けるストレスがなくなり、人生をやり直す気になった」
「健康保険証を作ることができ、生活に安心感が生まれた」
「子供が安心して学校に行けるようになった」
「就職や結婚などこれからの人生を前向きに考えられるようになった」
「パスポートが作れるようになり、将来は海外旅行も考えられるようになった」
「これまでのストレスが消え、晴々とした気持ちになれた」
…などなど。

 

借金を返していない負い目や返済の負担がなくなり、その結果として精神的・社会的な制約からも解放され、何事にも前向きに取り組めるようになっています。

 

 

もしあなたが、昔の借金の返済で悩んでいるのなら、消滅時効の援用をすることで解決できる可能性があります。
ただし、昔の借金を時効にするにはいくつかのデリケートな問題をクリアする必要がありますので、まずは、時効に詳しい専門家へ無料相談するようにしてください。