昔の借金が時効で解決できた

カレンダー

昔の借金を払わなくて済む方法があるとしたら知りたくないですか!?
それが借金の時効なんです!
消費者金融やクレジットカード、キャッシング、銀行ローンなどの時効は5年。
もしあなたが、消費者金融(サラ金)から借りた昔の借金を未払いのままにして5年以上が過ぎているのなら、時効の援用手続きをすることで返済義務がなくなり、昔の借金をすべて解決できる場合があります。
その方法が民法で認められている消滅時効の援用です。

 

以下は、実際に昔の借金を解決できた人のケースです。ぜひ参考にしてください。

 

私には、かつて3社の消費者金融から借りた昔の借金がありました。勤務先が倒産して返済できなくなり、何度も督促状を受け取りましたが放置したままで会社を変わり、引越しと同時に携帯の番号も変更しました。
そして、いつしか私に昔の借金があるなんてことを忘れていました。ところが、今後結婚することになり、将来的にはマイホームも検討したいなと思った際に昔の借金を思い出し、消費者金融から借りた昔の借金を残したままにしておいて、家のローンを組めるのか不安になっていろいろ調べてみました。

 

すると、消費者金融からの昔の借金は5年で時効になり、返済義務がなくなることがわかりました。また、信用情報でも日本信用情報機構(JICC)は事故情報がなくなり、割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)では時効の援用後に5年が過ぎれば、ブラックリストと言われる事故情報が消えることになることも分かりました。
要は、昔の借金の時効を援用することで借金返済義務がなくなり、時効成立後から5年が過ぎればブラックリストからも削除してもらえるということでした。

 

そこで、借金の時効援用に詳しい司法書士の先生へ相談。時効の援用について詳しい説明を受け、消費者金融から借りた昔の借金の時効を成立させるためには時効の援用手続きが必要であることを教えてもらったのです。

 

時効の援用手続きは内容証明郵便を使うことで誰でもできますが、消費者金融が時効の中断をしていた場合には時効は成立せず、昔の借金の時効は認められません。そこで、なんとか昔の借金の時効成立を成功させたいと思い、司法書士へすべて一任しました。
おかげで、昔の借金は晴れて時効が成立し、借金の支払い義務はなくなりました。後は信用情報の問題はありましたが、時効が成立して5年後にはCICのブラックからも消されるということで、将来のマイホームの夢が見えてきました。借金の時効援用をして本当に良かったと思っています。

 

 

【時効の援用は専門家への一任が安心】
時効を利用すれば、消費者金融に借りた昔の借金をなかったことにできると聞きました。そこで、自分で手続きができるか調べてみました。でも、調べるほどに法律知識のない素人では時効成立の確認ができそうもないし、下手をすれば差し押さえのリスクもあることが分かり、時効の援用に詳しい専門家へ依頼することにしました。また、万が一時効の成立ができなかった場合にも、次善の策を検討してもらえることも安心でした。昔の借金の時効は債務整理のひとつですが、それだけにきちんとした法律知識を持った専門家へ一任するが安心できます。

 

昔の借金を時効で解決してくれたエストリーガルオフィス

 

消滅時効援用のことならエストリーガルオフィス

 

【時効は自動的には成立しない】
たとえば消費者金融やカードキャッシングの借金は5年で時効となります。ただし、5年が過ぎれば昔の借金は自動的に時効となって返済義務がなくなるわけではありません。
時効を成立させて昔の借金の支払い義務をなくすためには、消費者金融から借金をした人(債務者)が、貸し手である消費者金融(債権者)に対して「時効なので借金を払いません」と意思表示をすること、すなわち時効の援用をすることが条件になります。
時効の援用は、内容証明郵便で行われるのが一般的で、誰でも行うことができます。
ただ、法的な知識や本当に時効の時期になっているのか、時効が認められない要因の有無など専門的なチェックを事前に行う必要があることから、時効の援用に詳しい司法書士や行政書士へ依頼するケースがほとんどです。

 

時効の援用に強いエストリーガルオフィスをチェックしてみる

 

昔の借金を時効で解決するには、いくつかの条件が揃わなければいけません。消費者金融やカードローンなどから借りた借金の時効は5年ですが、自動的に5年が過ぎれば昔の借金を返さなくてもよくなるわけではありません。長い間、住所、転々、きっかけ、新生活、裁判所、書類、10年、前、名前、思い、仕組み、専門家、制度、期間、主張、何、状態、早急、長年、取り立て、急、自宅、その後、残額、承諾、理解、大切、通り、最終、取引、経過、権利、相手方、貸金業者、効力、あと、書面、途中、等、通用、任意整理、個人再生、民事再生、自己破産、借入、5年、支払督促、訴状、タイトル、手元、いない、約束、一切、上記、記憶、あいまい、当時、郵便物、いつ、記録、開示、か等、請求、事情、月日、請求書、中身、元金、利息、損害、上乗せ、金額、びっくり、しよう、状況、お伝え、側、した、借り手、自ら、しそ、がいまい、お金、間違い、契約、久しぶり、かなり、覚え、借り入れ、計算、最近、ようやく、不審、機会、決心、いかが、お客様の声、手続、デメリット、ご覧、2014年、谷、文彰、借入れ、先日、法的手段、この間、債権回収会社、心当たり、別、金融機関、原則、法律上、多く、5年間、10年間、間、イコール、無視、用心、存在、方々、ターゲット、活動、管理会社、十分、以前、いくつ、お話、受けて、行い、結果、サポート、事項、行動、一定期間、消費者、金融、トラブル、手順、安全、郵送、一番、ウイズユー、窓口、FD、-2、-1、信用、情報開示、解放、境、日々、逆戻り、根拠、弁護士事務所、催告、話、一定、自動車ローン、事業者、商法、個人、起算、支払、翌日、カウント、日本、そのままで、しません、いつまでも、いつか、資金繰り、生活費、恩、義理、心情、考え方、ご時世、不景気、切迫、初め、電話、絡、数年、歳月、はがき、余裕、このまま、簡単、一方的、大変、公的、ポイント、2つ、事由、注意事項、ココ、気、要素、クレジットカード、回避、利益、危険、行為、仮差し押さえ、仮処分、承認、催促、今月、無理、来月、一部、確認書、同意、署名、捺印、計画書、放棄、リセット、字、ごとし、まとめ、世間、一般、常識、一本、特定調停、様々、夜逃げ、中、結局、根本的、ご存じ、身、事件、犯人、迷宮、借りて、クリア、一つ、刑事事件、同様、掘り出し、延長、重要、懸命、収入、スタート、債権回収、業者、架空請求、15年間、行使、信販会社、進行、金銭債権、過去、訴え、提起、申、調停、終了、効果、発生、自身、事実、言葉、3号、期待、信義則、関東、九州、関西、東海、北海道、東北、北陸、甲信越、中国、四国、都合、全て、精神的、負担、今回、流れ、解説、悩み、大幅、ナビ、得意、掲載、それら、おすすめ、目次、関係、制約、基本、相手、プロ、人間、大前提、該当、長期、継続、社会、安定、権利関係、考え、保護、長さ、友人、具体、事例、期日、次、取得時効、種類、適用、例、A、貸付、かしこ、他人、所有、所有権、取得、場所、土地、占有、B、登記所、記載、満了、確定、絶対、不可欠、記述、わけ、具体的、確定日付、入手、書き方、方式、注目、願ったり叶ったり、拒否、3つ、提出、時間、契約書、証拠、持参、申し立て、正式、受理、命令、異議申し立て、仮執行宣言、話し合い、即決、余計、強制執行、許可、財産、納付、返還、預金、発揮、上手、執行対象、配当金、最後の手段、恐れ、総括、明確、スムーズ、住民票、用意、日常生活、確率、職場、仕事、引っ越し、転職、子供、転校、苦労、迷惑、保証人、地、人間関係、その間、遅延、罰則、瞬間、長期間、相当、覚悟、まとも、極めて、末梢、影、契約内容、管理、機関、延滞、解消、関連企業、社内、データベース、現実的、合法的、精神的負担、結論、不可能、ギブアップ、ストップ、基本的、貸金業、銀行口座、特定、口座、給料、譲渡、貸し借り、対策、額、阻止、動き、共通、知り合い、前提、多大、努力、金銭、現在、整理、2つ、ふたつ、宣言、申立、あの手この手、至難の業、貸し倒れ、新規、安易、浅はか、申し込み、登録、苦痛、昔、借金、差、借主、商人、違い、どちら、個人事業主、営業、資金、信用金庫、判例、パターン、取決め、期限、表、出て、親、遺産、言い方、一致、親戚、あて、アクション、4年間、無事、1日目、一時停止、3つ、差押え、仮差押え、民事訴訟、関与、介入、合意、形成、時点、判決、出席、欠席、欠席裁判、言い分、仮差押、処分、禁止、緊急、モノ、建物、対象、猶予、直前、あたり、案内、免除、目的、さき、狙い、有利、ひいき目、正当、味方、自然、最初、アコム、プロミス、店、武富士、書式、公開、弁済、文字数、行、決まり、横書き、不備、心配、5万円、

相場、複数、割引、書類作成、発送、難問、本人

時効の援用に詳しい司法書士

消費者金融やキャッシングなど昔の借金を完全に忘れていたり、最後に返済した日から一円も返済せず、5年以上も逃げ隠れ続けるには、社会生活に支障をきたす場合があり、心理的なストレスになります。また、ローンを組みたくても審査に通らないことも生じてきますので、なんとか昔の借金の時効を成功させたいものですね。

 

ここでは、昔の借金の時効援用に確かなノウハウと豊富な実績を持った司法書士事務所・行政書士法人をご紹介します。いずれも時効援用の相談は無料の事務所ですのからお気軽に問い合わせしてください。

 

【アヴァンス行政書士法人】


アヴァンス行政書士法人

 

高い知名度と業界でも有数の規模を持ち、借金問題や多重債務問題を解決できるアヴァンス法務事務所と同じ系列のアヴァンス行政書士法人
もしあなたに、消費者金融やクレジットカードなどの昔の借金、携帯電話料金の未払いや家賃滞納があるのなら、一度、アヴァンス行政書士法人へ無料相談してみませんか!

 

アヴァンスは全国どこでも対応!メール問合わせは24時間受付中時効の有無チェックも無料対応!借金をなかったことにして、新たな気持ちで再出発したい人を応援してくれます。

 

<アヴァンス行政書士法人が選ばれる5つの理由>
@消滅時効援用費用の減額で、より依頼しやすくなりました。
※通常債権1件あたり3万円が⇒2万5千円へ費用減額
A迅速で正確な手続きの履行案件に応じて、担当の行政書士をつけてくれるので安心できます。
※場合によっては代理人として司法書士を付けるなど、依頼人のニーズに応えてくれます。
B北海道から沖縄まで全国どこからの相談・依頼にもきちんと対応してくれます。
B豊富な実績と多種多様な案件に対応してきた実績は、安心と信頼の証しです。
C相談および時効チェック無料
D24時間メール問い合せ受付中
※平日9:30〜21:00/土日祝9:30〜19:00 以外は一時受付のみで相談業務は翌営業日

借金の時効無料チェック!⇒アヴァンス行政書士法人

 

【司法書士エストリーガルオフィス】


消滅時効援用のことならエストリーガルオフィス

 

多重債務をはじめ昔の借金問題に精通した司法書士事務所として知られるエストリーガルオフィス。銀行や消費者金融などから借りたままの借金やクレジット・ローン会社への未払い金、家賃滞納、携帯電話代対応などが5年以上経っている場合、消滅時効により既に支払い義務が消滅している可能性があります。支払い義務の消滅を法的に正しく処理し、昔の借金をなかったことにするエストリーガルオフィス。もしかして、消費者金融から借りた昔の借金は時効かも…と思ったら、今すぐ無料WEB相談を利用してみてください。

 

<司法書士エストリーガルオフィスが選ばれる5つの理由>
@豊富な実績で安心・確実に対応
司法書士が代理人となるため、ほとんどお任せで借金問題が解決します。
Aワンストップで案件処理
債務の確認から消滅時効の援用までワンストップで処理してくれます。
B全国対応可能
全国どこからでも相談・依頼が可能です。
C相談および時効確認無料
D24時間メール問い合せ受付中

ワンストップ処理のエストリーガルオフィス

 

 

【ジャパンネット法務事務所】


ジャパンネット法務事務所で時効援用

 

消費者金融やキャッシングなどの昔の借金の時効援用はもちろん、ジャパンネット法務事務所債務整理全般
に優れたノウハウを持ち、借金に関する切実な問題を抱えている人から頼りにされているジャパンネット法務事務所
消費者金融やクレジット会社、家賃、携帯電話代金など昔の借金の時効相談をはじめ、
万が一、時効が成立しなかった場合でも借金を解決する的確な提案
をしてくれます。

 

また、ジャパンネット法務事務所は、司法書士事務所です。
そのため、簡易裁判所の訴訟代理権と裁判外の和解代理権があるので、内容証明郵便の作成だけでなく、債務者の代理人として債権者と直接交渉することができ、訴えられた場合の訴訟対応も可能です。
司法書士があなたの代理人になってくれますから、債務の確認から消滅時効の援用まですべてを安心して一任することができます。
逃げ隠れする生活から抜け出すためにも、まずは24時間受付中の無料メール相談を利用してください。

 

<ジャパンネット法務事務所が選ばれる5つの理由>
@司法書士が代理人となるため、依頼者は一任するだけで済みます。
A全国対応!24時間無料メール相談を受け付けています。
B消滅時効援用費用=1件あたり3万円とリーズナブルな費用です。
C豊富な消滅時効援用実績と親身な応対で評判となっています。
D時効援用が認められない場合は次善の対応策を提案してくれます。

 

時効援用に強いジャパンネット法務事務所はこちら

 

 

 

 

昔の借金を時効で解決する注意点

内容証明郵便

 

昔の借金を時効で解決するには、いくつか注意すべき点があります。昔の借金の時効は自動的に完成しないからです。

 

【消滅時効の援用手続きを忘れずに!】
消費者金融やキャッシング、カードローンなどから借りた昔の借金は、5年以上一円も返済しないままでおくと時効になります。
しかし、「あ〜っ、これで昔の借金がチャラになって良かった〜」と肩の荷を降ろすためには、債務者が「時効がきたから昔の借金は返済しませんよ」という意思表示を、債務者に対して行う必要があります。

 

この意思表示を消滅時効の援用といいます。
借金の時効は5年が過ぎたからといって自動的に完成するものではなく、援用手続きをしなければ、いくら5年が過ぎていても昔の借金をなかったことにはできないのです。

 

時効の援用手続きそのものは、内容証明郵便を使って債務者である消費者金融やカード会社などに「5年が過ぎたので消滅時効の援用手続きを通知します」と言うだけで済みます。

 

口頭やふつうの郵便での意思表示でも構わないのですが、口頭や通常の手紙だと、「聞いてない」「手紙を受け取ってない」と債権者である貸主に言われた場合に証明する手段がありません。
内容証明郵便は文字通り、郵便局が書かれている内容を配達したと証明してくれる郵便です。後々になって、言った言わない、出した受け取っていない…という不毛な争いを防ぐために内容証明郵便の利用が一般的になっています。

 

内容証明郵便は、ルールを守れば誰でも利用することができますが、不用意に出すことによって時効の完成が失敗することがありますので、消滅時効の援用に詳しい弁護士司法書士へ事前に相談するのが得策です。

 

 

時効の援用を弁護士や司法書士へ依頼すべき理由

弁護士

 

【弁護士や司法書士は依頼者の代理人になってくれる】
消費者金融やカードローンなど、昔の借金に関して最後に返済した日から5年以上経っていれば時効となりますが、その時効を完成させて借金の支払い義務を免れるためには消滅時効の援用をしなければなりません。

 

時効の援用手続きそのものは、内容証明郵便を利用すればだれでも可能です。しかし、債権者との交渉や時効の完成を妨げるさまざまな要因の有無の確認には、法的な知識と時効援用の経験がない人には難しいのが現実です。
そういう意味で、弁護士や司法書士は依頼者の代理人として債権者と直接交渉でき、さらに時効完成の成否についても正しく判断することができるので頼りになると思います。

 

当たり前のことですが、昔の借金に関して消費者金融などの債権者側も回収や取立てには必死になり、時効を完成させないためにさまざまな手を打ってきます。

 

そうした債権者側の手を読み、知識と経験を駆使して時効の完成を図ったり、万が一時効が成立しなかった場合でも、次善の策を考えてくれるのが消滅時効の援用に詳しい弁護士司法書士へ事前に相談するのが得策です。

 

昔の借金の整理など法的な問題は、やはり法律の専門家へ相談・依頼することが安心で確実だと思います。

 

 

更新履歴